最新情報

タイ バンコクで開催されたAsia Power Week 2017におけるAsian Power誌のインタビューにて、Tomas Harju-Jeanty、小島英嗣両氏が住友重機械工業によるAmec Foster Wheelerの買収について述べました。
近年の固体燃料プラントの困難な設計要求に対応することができるのは、CFB技術ならではです。
CFB技術は、石炭を燃料とした電力の未来を拓きます。
循環流動層(CFB)ボイラはバイオマス利用にあたって多くのメリットがあります。燃料多様性だけでなく、低品位で安価な地産燃料の使用や幅広い燃料特性に対応可能です。
タイ バンコクで行われたパワジェンアジア2017にてSumitomo SHI FW社が出展し、新会社について発表を行いました。期間中にいただいたご支援、フィードバックに改めて御礼申し上げます。持続可能で経済的なエネルギーソリューションをお客様にご提供できるよう、事業に邁進いたします。
住友重機械工業によるAmec Foster Wheeler社の流動床事業部門買収により流動床市場に新しい会社Sumitomo SHI FWが生まれました。 Modern Power Systems誌による、新会社CEOであるTomas Jeanty氏のインタビューです。
住友重機械工業によるAmec Foster Wheeler社の循環流動層ボイラ事業部門買収を受けて、その買収と今後の展望についてTEI Times誌 Junior Isles記者がTomas Harju-Jeanty氏にインタビューしました。
ポーランド政府刊行物のEnergy Policy of Poland until 2030で述べられているように、ポーランドの熱電併給ネットワークにおける脱炭素化は、ポーランドのエネルギー政策枠組みの中核をなしています。
TOP